自己破産と民事再生、任意整理

債務の悩みに法律を持ち出す際、誰もがまず思い浮かべるのが自己破産だと思われます。自己破産とは、裁判所に破産申立書を提出し、免責許可をもらって、借金を全額帳消しにしてもらう方法となります。自己破産は、今後借金を返済しなくても良くなるというメリットがありますが、その分デメリットも大きなものになっています。デメリットとしては、今後5年から10年の間、金融機関から融資を受けられなくなること、住所と氏名が政府発行の官報に掲載されること、免責決定を受けるまで一部、就けない仕事があることなどが挙げられます。

借金を全額支払わなくてもよくなる自己破産とは違い、民事再生は借金を大幅に減額することになります。減る金額は借金の総額や保有している財産によって異なりますが、原則として3年間で分割返済する手続きになりますので、それほど高いものにはなりません。

任意整理も同じく借金を減額させるという方法で、裁判所を通すことなく、借金の減額を債権者と交渉するという手続きになります。利息制限法を使って、債務者と債権者の間で減額の交渉を行い、金利を払い過ぎている場合には過払い金を返却してもらい、借金の返済に充てることができます。

過払い金請求という手段も

特に消費者金融からお金を借りている場合には、法律によって定められている上限金利を超過してお金を貸し付けているケースが考えられます。これまでは2種の法律によって上限金利がそれぞれ違う上限を設けていたため、グレーゾーンが発生していましたが、貸金業法が改正されることによって上限金利が統一されることになりました。

これによって、これまでグレーゾーン金利で融資を受けていた人も、法的に優位に立つことができるようになり、過払い金を請求しやすくなりました。消費者金融への借金返済に悩んでいる場合は弁護士に相談するようにしましょう。

とりあえず法律事務所に行って相談すれば、必要なことはほとんど全て行ってくれることになりますが、赴く前には最低限、債務の状態についてしっかりと確認しておきましょう。借入先と借入額、金利、いつ借りたのか、毎月いくら返済しているのか、毎月の返済日まで分かっていれば、効率的に手続きを済ますことが可能になります。借入先が多数、借金の金額も現実から離れたいという理由から確認していない、というケースも多いですが、まずは現実を見るところから着実に始めていく必要があります。